OUTLINE愛知アクセラレートフィールド®とは?

ビジョン

愛知県有料道路運営等事業は、有料道路においてコンセッション方式※が導入された日本初の運営事業です。私達、愛知道路コンセッション(株)は、民間事業者として最大限創意工夫を行い、低廉で良質な利用者サービスを提供していきたいと考えています。一方、最近は、AIやロボット技術をはじめとした技術革新により、全産業を通じて技術開発の質やスピードのレベルが高まっており、一般市民の要望も高度化かつ多様化しています。

そこで、実際に供用されている施設を活用して技術実証を行うことにより、道路運営事業における社会的課題を解決しながら技術の社会実装を支援するしくみとして『愛知アクセラレートフィールド』を構築しました。

※コンセッション方式:利用料金の徴収を行う公共施設について、施設の所有権を公共主体が有したまま、施設の運営権を民間事業者に設定する方式

しくみの概要

本しくみは、愛知道路コンセッション㈱が中心となって抽出した社会インフラの運営・維持管理上の課題に対し、これを解決する新技術のマッチングを行い、供用環境にある実際のインフラ施設を活用して技術実証を行いながら課題の解決を図るものです。本しくみで効果が認められた技術を当該事業の実務で活用することにより、効率的な道路運営に繋がるとともに、地域住民のみなさまに対してより低廉で良質な道路サービスを提供することができます。

しくみの概要
3つの特長
  • 01 実際に供用されている施設を
    無償で利用して技術実証を
    行うことができます。

  • 02 参加条件を満たせば業界を
    問わずどなたでもエントリー
    することができます。

  • 03 技術の有用性が確認されたもの
    については、積極的に実務で
    活用していきます。

参加の流れ

エントリー
公式ホームページからエントリーします
面談
実施内容についてヒアリングさせて頂きます
実施計画策定・事前手続き
実施計画策定にご協力いただくとともに、契約手続きを行います
技術実証・効果確認
フィールド実験等を行い、技術を実証します
情報発信
ホームページや成果発表会の場で情報発信していただきます

※エントリー内容が審査基準を満たさない場合、面談を行う前に参加をお断りする場合があります。

エントリー募集中の課題

技術実証後の進め方

技術実証実施後、愛知道路コンセッション㈱を中心に結果を評価させて頂いた上で、その後の実施の方向性について協議させて頂きます。実務に活用できると判断したものは積極的に取り入れていきます。

技術実証実施
結果の評価
実務で
活用
継続実施
終了